ホーム  >  理念・指針  >  経営指針

経営指針

「新しい風を吹き込む企業」

平成14年の設立から現在に至るまでの間、私たちアイレントホーム株式会社は日々新しい不動産会社として成長することを心がけてまいりました。
「不動産」という歴史ある業界だからこそ、大切に守らなければならない部分と、古くからの風習により改善が必要な部分を見極めていくことにより、業界の最前線を歩んでいくことを目指しております。

私たちが見つめる先の総合不動産とは、集客・仲介をメインとした仲介業者の「集客力・仲介能力」、建物管理をメインとした管理業者の「メンテナンス力」、地元密着をメインとした地場業者の「迅速な行動力・地域との信頼関係」この3つのメリットの融合です。
設立1店舗目から変わることのない仕事への信念です。

上記に掲げた3つの信念を実行し成長するために今後取り組んでいくことは、まず東京東(城東エリア)を中心にした店舗展開です。城東エリア内に数多くの店舗を構えることでフットワークの向上や地域の皆様からの認知・信用度を高め、集客力も向上してまいります。

また、貸主様・借主様・近隣住民様の安心のために、管理メンテナンス業務を中心に行う専門部署を設置しておりますが、より一層の業務の向上を目指し、これまでアウトソーシングしていた業務を自社にて行い、よりスピーディに、より正確に実行してまいります。
そして、環境問題など社会に対する積極的な貢献活動を率先して行ってまいります。
刻々と変化する地球環境に鈍いようでは、地域の変化に対応できるはずがないと考え、「チームマイナス6%」に加盟し、クールビズなどの環境保護策をとってまいりました。
今後も引き続き社会に貢献できるよう「環境問題」を意識した業務を行ってまいります。

企業理念でもお伝えしたように、成約を取っていくことだけが成長ではなく、お客様のご入居後の生活やお部屋を提供頂いたオーナー様、近隣にお住いの皆様と、住まいという空間を通じて「信頼」という名のパイプを築いていくことが企業成長と考えております。
世の中には「自分たちだけが潤えばいい」と考えている企業は少なくないと思いますが、私たちアイレントホーム株式会社は、自己利益ではなく誰からも好かれ頼られる「街」の大黒柱を目指し、これまでも…そしてこれからも日々成長していきます。

すべては「人」のために。
アイレントホーム株式会社が社会に新しい風を吹き込んでいきます。


ページトップへ戻る