ホーム  >  理念・指針  >  社長メッセージ

社長からのメッセージ

皆さんはじめまして!!
アイレントホーム株式会社は今年で16年目を迎えました。当初は、不動産業界に変革をもたらしたいという熱意をもった4人で始まりましたが、現在は事業所10店舗・管理開発部・法人営業部・生命保険事業部を含め総勢56名の規模まで成長致しました。これもひとえに、設立当時から一緒になって頑張ってきてくれた社員のおかげだと思っています。

当社での基本的な仕事内容は 「人」対 「人」のヒューマンサービス です。ご入居中や新居を探しているお客様、不動産を所有するオーナー様、建設関係など取引先の方など、とにかく人に携わることが中心です。十人十色と言われるように、接客方法に対する答え(マニュアル)はありません。 当社で取り扱っている不動産業という職種は、詳しくお客様のプライベートまでお聞きすることも多いので、キチンとしたコミュニケーションが取れなければ、お客様が不快に感じてしまうことでしょう。もちろん基本的なマニュアルはありますが、相手によって話し方や受け答え方が変わっていくのも事実です。皆さん家族や親友のアドバイスは信じると思います。私たちの目指す接客もそのような信頼関係を築くことが目標です。親身になって一生懸命接客する姿を見せることでお客様に信用してもらい、建前を除いた本心(本音)で話して頂けることが何よりも大切であり、それが自然と成果に結び付くと思います。「この人だからお願いした」、「あなたなら安心」、「あなたに担当してもらえて良かった」、「友達の新居探しも紹介したい」など、このようなお客様から頂ける心のこもった感謝が一番のやりがいです。デジタル化の進んだ時勢ですが、対「人」に関しては、「親身になった思いやりが生かされる」変わることのない仕事です。お客様から頂く感謝の気持ちが、強いやる気を生み、育ててくれます。 

また、当社で働いている社員に共通する点があります。それは「前向きな気持ち」を持っていることです。近年では「プラス思考」とか「ポジティブ」という総称で馴染みがある方も多いと思いますが、前向きな気持ちとは、「マイナスに物事を捉えず、自分に負けないで、常に探究心をもって仕事をする」ということです。入社したての新人社員から店長、もちろん私自身も明るく前向きな気持ちで日々取り組んでいます。
何かミスをした時に、いつまでも悔やんでいても一歩も前には進みません!また、店長がミスをした部下の能力を責めても、また同じミスが発生することでしょう。それは何故かというと、ミスをした社員はどうして失敗が生じたのかを見直し、次に進むための変化を考える必要があり、店長はミスをした部下を責めるのではなく、過ちを正したあとは、自分の教育方法を見つめ直す必要があるということです。    
「自分に起きている現実は、すべて自分が起こしている事実であり、自分の力で乗り越えることができる」ということを肝に命じ、強い信念を持たなければ、すぐ気持ち負けてしまいます。自然とマイナス思考になり、人のせいにして逃げてしまうことでしょう。それは自分自身が楽になるためでしかなく、決して成長にはならず、自分のスキルアップをそこで止めてしまうことになるのです。  
私の考える仕事とは、「責任」だと思います。皆「ゼロ」からのスタートです。私自身、社会人になりたての頃は、礼儀しらずで周りの先輩や取引先にたくさん迷惑をかけたものです。 但し、その過ちを人のせいにはせず謙虚に受け止め、起きた事実を自分で理解・分析し、自己改善するというプラスの気持ちが私を成長させてくれたのではないかと思います。今の自分より明日の自分の方が一回り大きくなれるように、常に「前向きな気持ち」があれば、仕事の結果や成果は後から必ずついてきます。すべては物事の捉え方ひとつで、受け取り方も結果も変わってくるのです。   

当社で今働いている社員の多くが業界未経験での入社です。専門知識よりも大切なのは、失敗を恐れずチャレンジする気持ちだと思います。接客業である以上、明るい声や笑顔、ちょっとした気配りなどは必要になりますし、対「人」ですから、思うようにいかないことや、うまくコミュニケーションがとれないこともあり、決して甘いことばかりの仕事ではありません。しかし、多くの社員が自分の成長を感じながら、明るく毎日を精進しています。
「やらされ仕事ではなく自らやってみる」、「教えてもらうのを待つのではなく仕事を盗む」そんな人材を私たちは求めています。アイレントホーム株式会社で一緒に成長していきましょう。

アイレントホーム株式会社 代表取締役
代表取締役 阿部一隆


ページトップへ戻る